加齢と共にエストロゲンは減少|女性特有の症状に打ち勝つ方法

医者

閉経でおきる様々な症状

女の人

起こる原因

更年期障害は更年期に起きる様々な症状のことです。更年期とは何でしょうか。女性の閉経はおよそ50歳頃といわれています。そして閉経前後の10年間を更年期と呼んでいます。年齢でいえば45歳頃から55歳頃に該当します。生理は、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。思春期には順調に機能していた卵巣が年齢を重ねるにつれて、働きが衰えてくるようになります。働きが衰えるとエストロゲンの分泌量が減少して行き、体に様々な症状が出るようになります。このような更年期に出る様々な症状を更年期障害といいといいます。更年期障害の症状は様々で、症状の強さも個人差があります。軽い症状の方もいますが、家事や仕事に支障が出るほどの重い症状が出る方もいます。症状が出たら我慢せずに治療を受けることが必要です。女性特有の症状に打ち勝つ方法だと言えるでしょう。ネット上では、女性特有の更年期障害の情報が多く掲載されています。中でも、減少したホルモンを補う治療が有効的でしょう。

様々な症状と治療

この更年期障害の症状は、40歳頃から生理不順や出血量が徐々に減少してきます。それに伴い体がほてったように熱くなったり、汗が1度に大量に出るようになったりします。また、めまいや動悸、イライラや不眠、うつの症状が出る場合もあります。更年期障害には骨粗しょう症や高血圧といった症状がおきることもあります。悪玉コレステロールが増加したことによって動脈硬化へと進行してしまうこともあります。更年期障害かなと感じたら内科又は産婦人科での受診になります。病院では、主に血液検査等を行い更年期障害可能性を判断します。更年期障害は、エストロゲンの分泌量の減少が原因ですから、減少したホルモンを補う治療が有効です。また、うつの症状がある場合は抗うつ剤等が処方されます。加齢と共にエストロゲンは減少するものだと開き直り、それを補う事に集中しましょう。

骨に自信はありますか

女性

年配の方に多いイメージの骨粗鬆症ですが、若いうちからの予防もとても重要となります。大切なのは適度な運動と、バランスのとれた食事です。これは骨粗鬆症だけでなく、様々な病気にも言えることですよね。簡単なように見えて意外と出来ていないことも多いですので、油断せず今一度自分の生活を見直してみましょう。

Read More...

治療を受ける

女性

脳腫瘍は、脳細胞に腫瘍ができる病気になります。腫瘍が大きくなると脳の機能が低下してしまい、体全体に支障をきたしてしまいます。この脳腫瘍の症状を抑えるには、病院での治療が必要になります。

Read More...

免疫力アップ

困る

歳を重ねることで、体の組織やホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。また、ホルモンバランスが崩れてしまうことで、免疫が低下してしまい病気を発症しやすくなります。それを防ぐ為には免疫治療を受けると良いでしょう。

Read More...